ハイスクールの位の片想いが取り違えで揉め事を生んです状況。

ハイスクールの同級生から、アラサーになった私のところに、11時代ぶりにメールが来ました。
なんでも、自身とまさか何やかやあったお嬢さんが結婚するので、結婚式の祝福の伝言ボードを作ってほしいとのことです。
自身はアート部だったし、図式を描くのも工作も特徴だったので、それで頼まれたのかなと思います。
うーん、と思いました。
その、ちょっと多々、のコンポーネントについて書きたいと思います。
自身は生じる男子に片想いしていました。もしマツモト様と決める。
でも、誰かから誰かへの連絡ゲームで、自身はハシモト様に片想いやるという噂になってしまいました。
タイトルがまだまだ似てる別人のことを歓迎です、という配置に、如何なる主旨かなってしまったんです。
しかもおせっかいな女傍が、自身とハシモト様をくっつけようと勝手に頑張ってくれたおかげで、それが広まりました。
そのためにいる女子連中から睨まれ、小気味よい嫌がらせを受けてしまいました。
ハシモト様は実は主人がいて、その主人の連中からだ
今回の新婦はその、ハシモト様の主人です(新郎はハシモト様じゃないけど)。
思い違いで気まずかった個々なんだよなあ…と見なし、断ってしまいました。笑い話みたいですね。http://www.ooooner.com/musee-hanashita.html