書房とブックオフを使い分けてうまく探しています

わたしはぐっすり書斎を取り扱うのです。居心地が相応しいとか貰うよりアドバンテージですとかそういった等でなく、相当古い雑誌があるからだ。ブックオフとなると公刊から太陽がいまいち経っていない、詰まり数年しか経っていない中頃古本ばかりで、ぐっと古臭いのが読みたいのです。90年代、2000年代ぐらいのがだ。そこで書斎です。10年先とかのが仰山蔵書されていて、それが書斎のいいところです。言い換えると目新しい雑誌が乏しい。でもそれはブックオフでまかなえる。本当に使い分けているのです。ただ書斎の一番の不便なところがあるのですが。それは帯が無いことです。あの部下3分の1ぐらいの帯ですね。それにその雑誌の要領が書かれていて、大雑把な正味がわかるのでそれで好きを選択できるのですが、それが書かれているのがないから、書斎で読みたい雑誌を見い出すのが大変です。立ち読みで主として見分けるぐらいじゃ問題は思い付かので、ああいう演説がほしいんですけど、それが書斎の唯一の汚点ですね。鼻下脱毛女